レキシントンの片隅で

アメリカ、マサチューセッツ州レキシントンのはじっこに住んでいます。

学期末パーティ

シニアセンターに英語を習いに行っている。

主におばあちゃんの先生。

おじいちゃん先生のクラスもある。

昨日は春の学期最後の日だったので

持ち寄りパーティがあった。

 

私のクラスは3人だけど、私しか来てなかった。

先生が、あとの人らはどうしたんかな?と言っていた。

一人はイスラム教徒なので

「多分、彼女はラマダン(断食期間?)じゃないかな?」と言うと

「ああ、ラマダン、そうだね。確かにそうだわ」と納得していた。

 

隣のおじいちゃんクラスの人は誰も来てなかった。

私のクラスの女性といつも一緒に来ているので

もしかしたら、彼女たちもラマダンなのかもしれない。

日本にいると気づきにくいが、宗教上食べ物に制限のある人は多い。

そういう人は、このようなパーティは参加しにくいだろうなと思った。

 

私は照り焼きチキンと、きゅうりの浅漬けを持って行った。

チキンはわりと好評だったけど、浅漬けはイマイチかな。

 

先生の一人でいつもキッシュを持ってくる人がいる。

今回も持ってきていた。

いつも、すごくおいしい。

作るのは簡単よ、と言っていたけど

私にはハードルが高いかなー。

 

一人の日本人が持ってきていた草餅が好評だった。

私の隣に座っていたモンゴル人のおばちゃんが

「これおいしい。好きだわ」といくつも食べていた。

 

私がおいしいなと思ったのはロシア女性が持ってきていた卵のサラダ。

卵サンドイッチの中と同じようなものなんだけど

ネギとディルが入っている。

さわやかで、いつまでも食べられる感じ。

ワインにも合いそう。

これは真似して作ってみるつもり。

 

そのロシア人女性、前回も歌を歌ったが

今回も「みんな、歌うから静かにして」と言って歌いだした。

いかにもロシアっぽいメロディ。

ロシア語なので、ときどき英語の解説入り。

すると隣のモンゴル人のおばちゃんが突然一緒に歌いだした。

「知ってんの!」すごいなと思ったけど

さらに彼女は歌の後でロシア語で話していた。

英語よりもよっぽどうまい雰囲気だった。

後で聞いてみると、モンゴルの人がみんなロシア語を話せるわけじゃなく

学校で習う第二外国語は英語なんだそう。

モンゴルはロシアの隣でしょ、それで、その反対隣が中国。

ジャーナリストだったというので、ロシアに近いところで働いていたのかな?

いろいろ細かいことは聞けず。。

 

最後に修了証をもらった。

くじびきで鉢植えの花を当てて

機嫌よく帰宅。

 

ハーフデイの子どもたちが帰ってきていた。

自分、おなか一杯なのに、ごはん作らなあかん。。。

 

 


人気ブログランキング

To Kill A Mockingbird

先日見た映画の原作を読んでみた。

長男が使っている教科書だ。

まさにこの表紙。同じものだ。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TO KILL A MOCKINGBIRD(A) [ HARPER LEE ]
価格:996円(税込、送料無料) (2018/5/17時点)

こちらは教科書が個人持ちではない。

表紙裏には今まで使ってきた子の名前が書いてある。

6つほど上に日本人の名前があった。

一番下に長男の名前。

 

長男が言うには、同級生で日本語の名字がある子は意外といるらしい。

でも、おじいちゃんが日本人とのハーフだったりすると

もうその子は日本語なんてこれっぽっちも知らないらしい。

そんなこともあるんだな。

 

さて、小説を読み始めて思った。

 

難しい。。。

 

英語を読むときに、いちいち単語を調べてはいけないと言うが

そういうレベルではない。

映画は映像があるから、字幕をつけて何となく理解してきたが

文字だけになるとお手上げだ。

 

いくつか調べてみると

それは宗教の一派の名前だったり

辞書に(文語)と書かれているような固い言葉だったりした。

私には楽しんで読めそうもない。

 

果たして、長男本当に読んでいるのか?

 

帰ってきたところで聞いてみた。

「あんた、これホンマに読んでんの??」

「もちろん、読んでるで」

「私、読んでみたら、めっちゃ難しくて意味わからんねんけど」

せやねん、意味わからんねん」

「ほな、あかんやん!」

「でもな、聞いて!意味わからんけど、読んでんねん」

「それ、意味ないやん!」

 

Englishの成績はFからCだかBだかまで上がってきたらしいが

どういうことなんかな。。

ちなみに、長男が

英語を話さない国から来た子でも、今までF取ってんの見たことないって

言われたようだ。

最低でもCマイナスくらいだと。。

「絶対、あの先生があかんねんで!」と言っていたが

いやいや、十分あなたにも問題ありそうですよ。

 

英語に自信のある方、興味のある方は読んでみてください。

電子書籍もあります。

To Kill A Mockingbird 電子書籍

 


人気ブログランキング

アラバマ物語

To Kill a Mockingbird

映画アラバマ物語の原題である。


 

 

8年生の長男がEnglishの授業でこの本を読んでいるらしい。

なかなか複雑な話なのだが、映画をみるとわかりやすいと先生が言ったそうだ。

それは同じアパートの同級生のお母さんから聞いた。

アマゾンプライム入ってたよね?

それで見られるらしいから、一緒に見てくれない?と。

 

実際探してみたら、アマゾンプライム対象作品ではなく

お金がかかることが分かった。

どうせ見るなら・・・と同級生に声をかけ

我が家でみんなで見ることになった。

 

6年生の次男も一緒に見ていたが、つまらないと思ったようで

早々に諦めて、宿題をしていた。

 

8年生の男子女子2名ずつ。

おやつをつまみながら、

こんな場面あったかな?

後でこうなるところじゃない?

あの人誰だっけ?

ぽつぽつと話しながら見ている。

もちろん全部英語。。

 

そんな中、長男の発した言葉。

めっちゃアメリカの発音やなー。

 

おいっ!アメリカ映画や!

 

というツッコミを誰かが入れることもなく・・・

この人、ホンマに本読んでるんやろうか?

 

同級生のお母さんたちからは

リーディングの宿題がめちゃくちゃ大変!

と聞くことがあるが

長男が家で教科書を読んでいるのを見たことがないし

そもそも教科書だって見たことない。

学校で読んでるって言うけど

私はいろいろ疑っている。。

 

映画を見たことで、小説の内容理解につながればいいなと思う。

 

レンタル期間は24時間だったので

翌日私が一人で見てみた。

どうしても大事そうな単語だけチェックしながら

なんとなくの理解で見ていたが、だいたいわかった気がする。

エンターテイメント性のある作品ではないので、

面白かった!!!

という感想は出てこない。

しみじみじんわりとする作品だった。

教科書にするだけのことはあるという内容。

父親の仕事ぶりがかっこよかった。

暴行に来た集団に立ち向かうところなど。

 

残り10分くらいのところで24時間がきてしまい

全部を見ることができなかったが

長男に聞くと、その後は何にもないで・・とのこと。

にわかに信じてはいけないと思うが

この作風で大どんでん返しもなかろうと予想した。

英語の理解が不十分なこともあるし

内容についても、もやもやしたところは残った。

長男の教科書を借りて読んでみようと思う。

 

興味のある方は以下のリンクからどうぞ。 

アラバマ物語(本、DVDなど)

 


人気ブログランキング

 

おなら事情

今日の夕食時、長男が切り出した。

「こっちの人って授業中とか平気でおならするけど、みんなスルー。」

「眉毛ひとつ動かさない!」

 

すると次男も言った。

「めっちゃ大きい音で、笑ったり突っ込んだりしたいけど、みんなスルー。」

 

すごく前に、海外では(どこの海外か知らんけど)

おならより、げっぷの方が失礼になると読んだことがある。

 

それってホントなんかなあ?

 

こんな話題だから、どんどん話が進む。

 

長男「この前なんか、俺の前の奴、めっちゃくさいおならしてさ

隣の奴がこっち見てくんねん!」

「しかも、おならした奴までこっち見てくんねん!」

「びっくりするわ!」

 

次男「一人トイレ行きたそうな子が立って後ろでうろうろしながら

めっちゃ大きいおならしたけど、みんな無視やった。」

「笑うのめっちゃ我慢」

(授業中にトイレは一人しか行けないシステム。誰かが行ったら、その子が帰ってくるまで誰も行けない)

 

日本では、教室でおならを響かせようものなら

一瞬にして地獄に落ちてしまうが、

アメリカではそういうことにはならないらしい。

 

ところ変われば・・・である。

 


人気ブログランキング

 

部屋の乾燥

昨年の4月にここに来た。

その時から部屋が乾燥しているなと思った。

フリースは脱ぐとき、洗濯物を乾燥機から取り出すとき

毛布をかけなおしても静電気がバチバチした。

 

部屋中の明かりのスイッチカバーのネジ止め部分に

ひとつひとつセロテープが貼られていた。

スイッチにさわるたびネジ部分に当たって「ばちっ!」となるのを

防ぐために夫が貼ったのだと言う。

 

そのころの湿度が25%くらいになっていた。

 

気温が上がるにつれて、乾燥は気にならなくなった。

 

そして冬がまたやってきたころ、部屋が乾燥し始めた。

この12月はぐっと気温が下がり、マイナス10度を下回ることもしばしばだった。

多分、水道管の破裂を防ぐためだと思うが

アパートからエアコンの温度設定は何度以上と指定される。

そして決して切ってはならない。

部屋の温度は大体一定なので、寒くなるとエアコンが動いている時間がながくなり

それで部屋が乾燥するんだなと思った。

そのころの部屋の湿度は20%を切っており、測定不能になっていた。

 

こちらの部屋は結露しないと聞いていたが

これだけ湿度が低いんだから「そらそうなるわ」と思った。

 

加湿器・・・買う?という話も出たが、やめた。

結露することで、掃除の手間が増えること、カビの心配があること。

さらに、加湿器の手入れが不十分だと、かえってカビをまき散らすことになる。

ぬれたタオルをつるしたり、部屋に洗濯物を干したりしてしのいだ。

 

今年は暖かかったようで、12月を過ぎると、そんなに寒くはなかった。

エアコンの稼働時間が減り、それと同時に湿度も上昇していった。

それでも45%くらいにしかならないから、乾燥してはいるけど。

 

それが、ここ最近の冷え込みで、また湿度は20%程度に逆戻り。

くちびるがパリパリになるのがかなわん。

それでもカビの心配するよりは、リップクリーム塗ったりするほうが楽なので

加湿器は入れない予定。

洗濯物はなるべく部屋に吊り干し。

 


人気ブログランキング

 

New England boiled dinner

週に一度英語を習いに行っている。

シニアセンターで主におばあちゃん、たまにおじいちゃんが先生だ。

私の先生は中国人なのだが、子どものころからアメリカに住んでおり

かつては小学校の先生をしていたという人だ。

 

さて、昨日はSt. Patrick's Day であった。

聖パトリックの祝日 - Wikipedia

その数日前に英語のクラスがあったのだが

クラスの最後に先生が、この日の特別な料理を知っているか?と聞いた。

もちろん知らない。

それは「 New England boiled dinner 」だという。

この時期になるとスーパーに「 Corned beef 」という肉が売っている。

それを、キャベツ、ニンジン、ジャガイモ、カブ、パースニップと煮込むという。

食べるときにマスタードをつけるとおいしいとのこと。

 

Corned beef とは塩漬けの肉のことであり

すでに味がしっかりついているので、それを水にドボンとつけて

とにかく煮込めば終わりという超簡単料理なのだそうだ。

 

私はすでにスーパーでその肉を買っていた。

なぜならすごく安かったからだ。

そのときに2種類の肉があり、見た目は全然変わらないのに

値段がまるで違うので、その違いを聞いてみた。

 

Point cut というのは脂が多い、Flat cut というのは赤身が多いとのこと。

もちろん私はPoint cut を買ったのだが、余計な脂はこそげたらいいと言っていた。

そして、安いのはこの時期だからで、来週からは高くなるわよとのこと。

 

さて、英語の帰りに近所のファームに寄った。

そこでは野菜の隣にレシピを置いていてくれることがあるのだが

まさに、New England boiled dinner のレシピがあった。

これは今日作れってことだね!

ファームのお肉は高かったけど、それはもう何も知らないうちに買っているからOK。

お野菜は入れるものをまとめてパックしているものもあったし、

ばら売りにもなっていた。

わかりやすかったので、さくさくと購入。

 

カブは大きな黄色いものと、日本で見かけるのを似たようなものがあったが

よくわからないので両方買ってみた。

 

家に帰って、お肉のパックを開けてみると

表から見えないほうが全部脂になっていた。

だから、見た目だけじゃ何が違うかわからなかったんだ。

削るのももったいないかなと思ったので、そのまま鍋に入れた。

かぶるほどの水を入れ、ぐつぐつすること1時間半。

浮いていた脂を取り除いてから

そこに切った野菜を入れて、ぐつぐつすること1時間ちょっと。

 

何もかもがよく煮えていた。

お肉はものすごく柔らかく、脂もそんなに嫌じゃなかった。

味付けは一切しなかったが、ほどよい塩気でおいしかった。

黄色いカブはほくほくしてないかぼちゃみたい、

もう片方のカブは、日本で食べるものと同じだった。

見た目はポトフなんだけど

マスタードをつけて食べたので、ちょっとおでんっぽい感じ。

多分、どんな野菜を入れてもおいしいと思う。

 

家族もみんな好きだったので

セールのうちにお肉を追加で買うことにした。

 

英語を習いに行ってうれしいと思うのは

こういう現地の文化とか習慣とかを教えてもらえるところだ。

 

 


人気ブログランキング

 

amazonの$1000ギフトカード

昨日のこと、スマホでネットを見ていた。

ズボンのお直し方法など、ごく普通のものだった。

すると突然画面が変わった。

「戻る」ボタンも押せない。

 

アマゾンのカスタマーへと書いてある。

あなたは$1000ギフトカードその他のプレゼントがもらえる権利がある。

以下の質問に答えてください。

画面上にはカウントダウンをする時計の表示。

こんなん詐欺に決まっとる。

アマゾンの創設者は誰か?

アマゾンの創立年は?

あと一問は忘れた。

詐欺だろうと思いつつも適当に押した。

アマゾンのことなんてこれっぽっちも知らない。

 

何と全問正解。

以下のギフトボックスの一つを選んでとあったので

ひとつを選んでみると、$1000ギフトカードだった。

あと二つにはそれぞれ最新のiPhoneとギャラクシーが入っていた。

 

「ギフトカードの請求はここから」的なボタンがあったが

待てよ・・と思った。

やっぱり普通に詐欺だろうと。

 

同じ画面にはアマゾンのレビューと同じ感じで星が付けられ

プレゼントをもらった人のコメントが載っていた。

「最初はうそだと思ったよ。でも、今日本当に$1000ギフトカードが届いたんだ」

「最新のiPhoneをもらえて本当にラッキーだよ。最高の気分だ」

など。。

そんなん、どうにでも書けるし。

 

画面にはアマゾンのロゴが入っているし、なにもかもがそっくり

 

ただ、画面をマルチ表示にしたときにアマゾンとはおよそ無関係のアドレス?が

画面の上に表示されていた。

決定的。

 

画面を捨てた。

 

しかし、ほんの一瞬でも$1000ギフトカードあったら何買おう・・・

みたいに考えてしまった自分が恥ずかしい。

日本なら10万円相当か。

10万円稼ぐのは大変だが、たった10万円でいろいろ面倒なことになるのはごめんだ。

100万円ならいいのか?という問題でもないが。

 

気をつけなあかんなと思った。

 

 


人気ブログランキング